そしてあなたに会いに行くから☆京都

当日何度も通った神宮道で、京都会館へ。
いつものYさんのライブに比べたら人が絶対少ないはずなんだけど、なぜかすごくたくさん人がいる気がしてなりませんでした。で、人に酔う(笑)
こりゃいかん!と階段にてこっそり待つ。
開場になって、列が短くなったら会場入りしようと思ってたのに、待てども待てども列は短くならず・・・。
諦めて並んで、ようやく入場。

わーい!今日も近いや☆
不思議なことにこの会場、1列目がステージから一番遠いのよ(笑)
今日は神戸とは反対側、つまり亮太くん側からライブを楽しみました♪



幕が下りた瞬間、ガッツポーズ!
ようやく3人が揃って見えるよ(笑)
ちびっ子には、どんなに前の席でも目の前にどんな人が来るかで、状況はいっぺんするのですよ・・・。
セットリストは、神戸と同じでした。
って、どこも同じだね(笑)

♪雨上がり
 周りのノリがかなりよく、ついついつられて、スイッチ全開(笑)
 飛ばしすぎちゃもたない!と思いつつも、ダメでしたわ。
 さらに、亮太くんが近くまで来るもんだから、もうテンション上がるあがる☆

♪ドッグイヤー
 あれ?亮太さん調子悪いのかな?
 なんだか声がお疲れでしたね。

♪コスモス
♪春夏秋冬
 ホールで聴くのにはぴったりな曲。
 レミオロメンの曲の世界が会場全体を包み込む。
 この音楽にひたれる幸せを感じる。

<MC>
 亮「京都のライブは2回目。
   京都っていいよね~。なんか古い建物がたくさんあって、ここもだけど。
   すごく古いものを大切にしてる感じがあって・・・」
 お客さんの反応びみょー(笑)
 えっ!違うのって顔しておどおどしてる亮太くんが、みょーに可愛かった。
 治「ここは街中にぽっこりある感じなの?」
 客「ちがーう」
 ふーん。反応びみょーっす(笑)
 亮「ツアーも、今日をいれてあと3本です。
   最初は長いなぁ、できんのかなぁって思ってて。
   でも、終盤戦なんで気合入れて行きますんで。
   今までももちろん気合入ってましたけどね(笑)」

♪永遠と一瞬
♪深呼吸
 やっぱり、この曲大好きなんだなぁ、としみじみ想いながら聴いてました。
 いろんなことが起こって、いろんな感情がムクムクしてきたら、ちょっと深呼吸。
 そしたら、新しい風が吹くかもしれない。
 やっぱり、これからも大切な1曲。

♪午後の低気圧
 亮太側から見る、前田氏のベースもかっこいい!
 
♪ビールとプリン
 やっぱり今日も優しいね。
 
♪海のバラッド

<MC>
 亮「お客さんの顔がよく見えるね。2階とか座ってるし(笑)
  そこが、ホールのいいとこだけどね」
 2階の1列目とかで、ぴょんぴょん飛んでたら怖いだろうなぁ。
 前「昨日は清水寺に行ってきました。あと1週間ぐらいで桜が咲くんだってね。
  修学旅行で来た時とかって、修学旅行っていうだけでテンションあがってて、
  雰囲気味わうってとこまでいかないじゃん。
  何千年も前のが残ってるってすごいじゃん!」
 ほーって聞いてたけど、何千年も前って今年2006年だよ(笑) 
 前「京都ってこだわりがあって、器とか箸とか。
  東京ってそんなことないし、俺らが行ったNYなんて雑ざつ・・・」
 って、どこまで世界へ飛んでいくのさ(笑)
 亮「京都の名産といえば、黒七味!」
 さらに反応が薄いっ!
 亮「えぇ?違うのっ?」
 前「はまったのうちらだけか?知る人ぞ知る名産らしいんだけど」
 と、またまた空回り(笑)
 亮「・・・、八つ橋いいよね(笑)」
 すごい必死で、かわいかった(笑)
 治「八つ橋ね・・・」
 でも、また反応びみょー。
 亮「八つ橋も違うの?あれ、おかしいなぁ・・・」
 ここで、やればできる子おさちゃんが
 治「地元の人はあんまり食べないんじゃない?
  うちらが観光に来て買って帰るんだよ」
 とフォローする。まさにそのとーりでしょ。
 前「湯葉とかがいいの?
  あとは油取り紙とか、俺使ってるし・・・」
 亮「嘘つけーっ」と、ここの突っ込みは早かったなぁ(笑)
 まだまだ必死な亮太ロメン。
 亮「京都って山梨に似てるよね?」
 へっ?山梨に小京都ってあったっけ?などど失礼なことを思ってみる(ごめんなさい)。
 亮「京都も盆地だけど、山梨も盆地で。
  夏、暑いでしょ?冬、寒いでしょ?親近感湧くんだよね」
 はは~ん、そういうことか(笑)

♪蒼の世界
♪五月雨
 この曲では、もう記憶がないです。
 まわりにつられてノリすぎた(笑)
♪春景色
♪モラトリアム
 亮太くん、歌詞間違えて、あっ!やっちゃった!って顔が、ものすごく可愛かった。
 それまで、がんがんに盛り上がって男前だったのに。
 このギャップがね・・・。いいやね。

<MC>
 前「君、かわいいね~。
  動きが、90年代に流行ったダンシングフラワーみたいで、すごくかわいい」
 と男の子を褒めてた(笑)
 亮「いやいや、女の子もわりとかわいい子が多いよ」
 って、わりとってどういうことだよ亮太!
 前「そうそう、今日ね京都の友だちのじゅんちゃんが来てるんだよ。
  女の友だち、じゅんちゃん」
 って、誰ですか(笑)?よくわからん。
 そんなこんなで、本日も質問コーナーへ
 客「何食べたの?」
 亮「南禅寺の近くの●●で湯豆腐食べました。
  手作りの木の樽に入ってでてきたよね・・・」
 治「いやー桶、桶。樽はでかいだろ(笑)」
 亮「ぶっ(笑)桶ね。その桶に焼いた石を入れてね・・・」
 治「いや、炭だよ。炭って言ってたもん」
 亮太さん、お店の人のお話ちゃんと聞いてたのかなぁ(笑)?
 治「桶にしゃぶしゃぶの鍋みたいな形のやつがついてて、
  その中に炭を入れてあっためるの」と、自慢気でかわいい(笑)
 客「女の人はいくつまでOKですか?」
  いやぁ、すごい質問だな(笑)
 前「黒木瞳はOKだろう!ま、向こうから選ばれないけどさ」
 亮「いやぁ、女の人はいくつなってもかわいいですよね。
  具体的に年齢言っちゃうと、それ以上の人のテンションが下がるでしょ」
 ってことは、具体的にあるってことだよね?亮太さん?
 亮「で、、前田さんはいくつまで?」
 前「あ、俺?すっげー油断してた(苦笑)
  まぁ、80歳の人はないだろ・・・。
  俺は42,3かな?ふたりの将来的なことを考えるとねー。
  俺40の時に、50過ぎてんだよ?」
 って、何やら熱く語る前田啓介。
 治・亮「すげー、言っちゃったよ」とひたすら関心してた(笑)
 亮「あぁ、ダメなんだよねーMCが(笑)すっごいグダグダ。
  収集つかね~(笑)
  いつもずーっとこんなのなんですよ、レミオロメンって」
 今日も自己申告(笑)
 会場から「がんばれー」という声が上がれば、
 前「がんばれー!とかやめて!ほんと凹むから」
 亮「これ、頑張ってるんだよ!」と、ほんとに必死。
 いやいや君たちのこのグダグダ感がまたいいんだって(笑)
 しかし、神戸のMCよりさらにひどいことになってたよね・・・。
 そんな訳で、亮太くんの「じゃあ、音楽で盛り上がっていこう!」で曲へ。

♪南風
 やっぱりニコニコ笑顔になれる。
 おさちゃんのスマイルドラムが、かわいいね。

♪電話
♪粉雪
♪3月9日
 この3曲は、もう反則技(笑)ずるいよ・・・。
 こんなん続けて聴かされたら、レミオロメンの音で心はいっぱい。
 大事な曲たち、たくさんの人に聴いてもらえて幸せだね。
 そして、聴いてる私も幸せだよ。

<アンコール前MC>
 前「南風で、みんな手を横に振るでしょ?
  その時に、一番前の女の子のおへそが見えて、正直モエました!」
 治「バーカっ(笑)」
 前「これ、今晩のおかずにさせてもらいます」
 おーい、R指定ですよ(笑)
 客「おさー、パーカーのフード被って」
 治「被ると髪が乱れるんだよなぁ」と言いながらもちゃんと被るおさちゃん。
 客「かわいーい」 亮太さん、それを見て大爆笑。
 前「皆川さんもかぶるとかわいいよ」と、怪しげなふりをする(笑)
 皆川さんも、ひっそり被ってるし。
 それを、「ね、●●みたいでしょ?」って啓介さん。またまたR指定なお話。
 客「Tシャツ、何サイズ?」
 前「俺ね、今日はSサイズを着てみました。
  Lサイズだと思われてるんだけど、こう見えてサイズちっちゃいの」
 客「パーカーは着ないの?」
 前「着れるサイズ、ないから・・・」
 って、やっぱりサイズ大きいんじゃんよ(笑)
 客「パーカー欲しいっ!」
 亮「これね、物販でも売ってるから、買ってね!って初めてPRしたよ(笑)」
 治「このパーカーはいいよ~。
  ジッパー上にも下にもできるから、下がポコってならないの。
  俺が持ってるの、ほぼこのタイプ」
 亮「物販で買って、俺たちと同じ格好しようぜ!」

 亮「もっと距離が近くなって、みんなで幸せになれる曲を」
♪No Border
♪蜃気楼
 最後に亮太くん歌詞を間違える。
 「間違えちゃったよー」と自己申告!
 この言い方が、かわいくて前田さん並に萌える(笑)

 亮「明日もみんなが笑顔でいれるように」
♪太陽の下
 
前田氏は、今日も気がついたらすでにいなかった(笑)
亮太くんは、ピックとタオルとパーカーを投げる。
治くんは、今日もタオルをぎゅっと結んで、お水をかける。
さらに、自分でもゴクリ(笑)
今日も飛んでったなぁ。
そして「ナイスキャッチ!」って、ちゃんとマイク通して言っちゃうんだよね。
パーカーは、思わせぶりなそぶりをみせて、きゃーと言わせて見る。
というか、うちら遊ばれてる??
で、笑顔全開でばいばいー☆

今日も楽しかった♪
そして、このツアーは、見納め。
もう、濃い~楽しい~ライブでした。
MCは何をどこで話したのか、けっこう怪しい(笑)
レミオのトークと同じで、グダグダです(爆)

神戸・京都と参加した、レミオロメン♪
「ether trip」に観たレミオロメンから、ものすごく大きく成長してるなぁって思えた。
聴かせる曲も知ってるし、ノってもらう曲の見せ方もわかってる。
そして、レミオロメンの音楽に対するまっすぐな想いも伝わってきた。
ホールでのライブ経験は、またレミオロメンの音楽に大きな糧となるんだろうな。
これから、またどう変わっていくのか、ほんとに楽しみ☆
アルバム出したら、またツアーしてね♪
今度はおうちの近くでお会いしましょう(笑)

***** 2006.03.26 京都会館第1ホール 1階28列
[PR]



by pikapika_14fg | 2006-03-30 23:15 | レミオロメン♪Live

好きなことをつらつらと
by pikapika_14fg
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧