さぁ本当の愛を確かめに行くんだ☆名古屋追加最終日

1月から始まったツアー、泣いても笑っても今日が最終日。

今日も早めに会場に到着。
そして、またお友だちと再会(笑)
このツアー後半、かなりたくさん会えてしまって、ほんとに嬉しいなぁ。
で、会う人、会う人、みんなテンションがおかしいよ(笑)
最終日がそうさせるんだろうなぁ。

とりあえず今日は泣かないぞ!
全部観てやるっ!と気合いを入れて会場入り。
でも、なんだかワサワサ(笑)
お席についても落ちつかなーい。
相方としゃべりつつ、お友だちとワサワサメールをしつつ、始まったら終わっちゃう!とちょいブルー。
でもでも、リボンツアー最後のライブ、楽しんでいきまっしょい!



今日のお席は、全体を見渡せる厚ちゃん側のスタンド席。
ステージもスクリーンも全部見えて、嬉しい。

開演直前のアナウンスも、「今日は最終日!盛り上がっていけますか?」と最終日仕様。
ラジオ体操が始まるも、なんかおセンチな気分。
すでに泣きそうだ(アホ)

そして、リボン映像。
やばいっ!まずいっ!と、一生懸命泪をこらえて見てました。
今さらだけど、にゃんこの脇にお魚の絵が出てくるのが、一番かわいい。

きたーっ。ゆず登場!
いつもならすぐに演奏が始まるのに、今日は悠仁がステージの前まで来てくれて「最終日、集まってくれてありがとう!」と、マイクなしで声を張り上げる。
これを聴いた瞬間、涙腺ウルウルっ。号泣ですよ・・・(T_T)
悠仁のこの言葉を聴けただけで、最終日に来たかいがあったというもの。

♪ニンジン
 最初の悠仁のあいさつで、すでにテンションMAX(笑)
 ライブが始まる嬉しさと、ツアー最終日の寂しさが入り混じって、自分でもどうしていいのやら。
 ふたりの声がグルグル。助けてーっ。
 「深い深い霧が・・・ここ名古屋にいる君と僕らの前に・・・」とアレンジ。
 いつもは君だけだったのにね。
 いつも書き忘れてますけど(汗)ここでハープチェンジする厚治がおそろしく男前です。
 ハープホルダーからハープ取り外す動きとか、やばいです・・・。

♪命果てるまで
 いつも以上にマイクに噛み付く悠仁。
 それに負けまいと声を張り上げ、ギターをかき鳴らす厚治。
 そして、スタドの演奏も負けてはいない。
 男たちの熱い熱い想いにグッとくる。
 スモークあがって、見事に見えなくなったふたり・・・と思ったら、
 ちょこんって顔を出したよ、厚治さん。
 すんごく嬉しい。

♪ダスキング
 ノリノリタンバリングな北川さん。
 怪しい動きだけど、可愛いから許すよ(笑)
 確信犯的にカメラ目線をするのは、やめなさいよ厚治くん。
 ふたりがかなり楽しそうで、こっちまで楽しくなるよ。
 この曲、そうこなくっちゃね。

♪桜木町
 ピアノのイントロだけで、キュンとする。
 ふたりの声が会場を包んでいく感じが、ものすごく好き。
 ソロで、ギターのネックをきゅっと握り締める厚治。
 その想い、ちゃんと受け止めたよ。

♪栄光の架橋
 歌詞と今のゆずがリンクしてしまって、もうダメ・・・。
 Aメロを唄う声が、優しすぎるよ悠仁。
 「あの時思い描いた・・・」の厚治低音ボイスが、相当やばし。ゾクゾクするよ。
 サビで重なるふたつの声だけが、直球で響く。
 すでに泣きすぎて、頭がぐらんぐらんしてました。
 このアコースティックver.はもう聴けないのかな・・・。

♯MC
 これまでもすでに4回やってきた「これからのゆずを考える」の最終回でした。
 タイトルは「これからのゆずを考える 最終回 06.05.28」
 サブタイトルが「これからのゆずを考える ベスト10(オレ調べ)」
 今までの岩沢氏やゆずの髪型などのコラージュを悠仁が勝手にベスト10を決めてます(笑)
 悠「よく『オリコン調べ』ってあるでしょ?だから『オレ調べ!』」だそうな(笑) 
 ◆第10位◆
  話題の兄弟(厚治***ボクシングの亀田3兄弟の次男風)
  短髪茶髪な厚治さん。
  こっそり「愛が~すべてさ~」と『ff』を熱唱♪
  これ、横浜では見てないやぁ。ちょいと嬉しい。
 ◆第9位◆
  憧れでした(悠仁と厚治***ビジュアル系バンドX風)
  ふたりで、顔色悪っ!
 ◆第8位◆
  30年後(悠仁と厚治***還暦を迎えて赤いちゃんちゃんこを着てます)
  じいさんふたり、くたびれてます。
 ◆第7位◆
  3人にしてみました(悠仁と厚治***ダチョウ倶楽部)
  ちゃんとリーダーはリーダーで。厚治が寺門ジモンさんに。
  なので、ゆず3人目は竜ちゃん(笑)
  北川さんが、嬉しそうだったな。
 ◆第6位◆
  大好きなお笑い芸人さん(悠仁と厚治***南海キャンディーズ)
  「これは、どこの会場でもすべり知らずですねぇ」と、ご満悦なリーダー(笑)
  そりゃ、そうさ。
  だって、厚治があまりにも山ちゃんにすっぽりはまってるもん(爆)
 ◆第5位◆
  旬な女性(厚治***モデルのエビちゃん風)
  正直、厚治さんきしょっ!
  やっぱり男前厚治に限るね、うんうん。
 ◆第4位◆
  旬な男性(厚治***もこみち風)
  あ~、これはいいっす。えせなさわやかさで(笑)
 ◆第3位◆
  黒くしてみました(厚治***もこみち・日焼けver)
  色黒厚治は、あきらかにおかしい(笑)
  一度お目にかかりたい・・・いやぁ、ぷちひきこもりなおっさんでは無理っすね(笑)
 ◆第2位◆
  キレてますか?(厚治***長州小力)
  「これは、かなりいいですよ」と自信たっぷりな悠仁。
  そして、またもやこっそり「キレてないっすよ」をマネする厚治くん(笑)
 ◆第1位◆
  でも、やっぱり・・・・(悠仁と厚治***今のゆず)
  そういう締めかぁ。
  このお写真、ほにゃっとした笑顔で、ほんと可愛い。
  で、会場から拍手が起きて、ちゃんとタモリ締めをする悠仁。
  だって、みんなゆず大好きだもん。当然ですよ。
 以上の「以」は、結局最後まで間違ってたよー、北川さん(笑)
 「これからもゆずを応援してやってください」で、スライド終了。
 笑いすぎて、おなか痛くなちゃったよ。

♪一っ端
 何か話そうとする厚治さん。でも、会場から拍手っ。
 で、悠仁がまたタモリ締めをするような動きをしつつも、ほったらかし(笑)
 すると「やらないのかよっ!」という厚治の突っ込みが。
 愛ある突っ込み、嬉しいねぇ。
 で、結局ふつ~に「一っ端と言う曲を聴いてください」という曲ふりでした。
 ふたりで向かい合ってタイミングをみる。
 厚治がハープを吹き始めてから、厚治のギターと悠仁のタンバリンが
 同時になるあの間がたまらなく好き。
 ふたりにしかわからない間。ふたりで、ゆず。まさに、ゆずの唄になる瞬間。

♪ダスティンホフマン
 悠仁の声が、低いキーなのに、カサカサ。
 でも、それが曲のせつなさを倍増させるんだよね。
 曲調がPOPだから、さらっと流れていくけど、かなり胸が痛くなる。
 悠仁ソロ「ひとりつぶやいた~」のあとの、「ジャン!ジャン!ジャン!」となるところ。
 悠仁のリズムにあわせた動きが、そのせつなさを振り払って次に行こうって思わせてくれる。
 いい顔してるんだよね。

♪ヒーロー見参
 DJブースでお絵かき準備の北川さん。
 いつものように、マジックを出そうとした時に、「ポスカ~っ」と先走るアホ客が若干(怒)
 が、そこはツワモノリーダー。
 今日のマジックは「マッキー」でした(笑)
 してやったりの顔して、「うっしっし」てな感じで肩を上げ下げする悠仁。
 やられましたとも。うちらの負けです、はい。
 そして、本日のゆずマン噴出しは、「スタッフのみんなおつかれさま はくしゅ」が追加。
 こういうとこ、嬉しいよね。
 そして、はじまるR指定曲♪
 ツアー初日のさいたまで、かなり悶絶したのを思い出す(笑)
 結局最後まで、エロさは変わらず・・・。
 目を細めたり、舌をぺロッて出したり、シャツの袖が長くてちょっとだけ指が見えたり・・・。
 そして、両手ハープ!
 さらに、素敵映像!
 いやぁ、ごちそうさまっ!
 またいつか、これを生で観たいです。
 欲を言えば、コスプレ映像はいらない・・・(笑)
 ご当地映像は、昨日と同じしゃちほこをよゐこの浜口のように「取ったどー!」と
 ウエットスーツを着たふたりが持ち上げる映像でした。
 あとから聞いたところによると、厚治がハープを吹いてるときの似顔絵が、
 泣いていて「さびしよ~」の噴出しだったらしい・・・。
 だって、両手ハープ見納めだと思って、そこしか観てなかったんだもん。

♪チェリートレイン
 今日も、スタドと並んでかわい~く登場。
 ギターのネックをふりふりしてる厚治さん、めっさかわええです。
 あと、「朝焼けの空ラッシュアワーの人並みにまぎれて・・・」のところ、
 みんなはぐるっと大きな動きなんだけど、厚治は唄わなくちゃいけないから、
 足のつま先だけちょん!ってする。
 何でもないんだけどね、ついついそこ見ちゃうんだよね(アホ・笑)
 これもこれも、厚治がかわいいからさ(やっぱりアホ・笑)
 今日の緑のふりは「やったー!でも、寂しい」。
 「やったー!」でバンザイして、「寂しい」で、手を胸にあてるポーズ。
 ここで、イワサワコウジやってくれます!
 「寂しい」のポーズが、親指を口にくわえて、下からちょい上目使いで、
 ほんとせつな~い顔しやがる。
 もう、それがスクリーンに映るたび、ひゃ~っ!完全なる確信犯。
 おかげで、緑ポーズほとんどしてないや(笑)

♪少年
 今日もちょこちょこチェリー緑のポーズを決める悠仁。
 でも、今日のはいつもよりふりが多いから、大変そうだった(笑)
 そして、ステージ上をニッコニコの笑顔で走り回る。
 リーダーの笑顔は、ほんと太陽だよ。
 うちらは向日葵のように、太陽のほうをグルグル向いちゃうもん。
 いやはや、楽しくて楽しくて、いつもよりぴょんぴょん跳ねちゃった(笑)
 「Y・U・Z・U」の厚治さんは、ギターのネックをビシッと振り上げるし、
 カメラ目線でニコっとするわ・・・、ほんと嬉しいやね。
 しばらく見れないから、しっかり目に焼き付けておきました。

♪3カウント
 「軽はずみの言葉並べて」で、悠仁とケン坊が目配せすることろこで、
 ケン坊が「やったー!でも寂しい」ポーズをしてた(笑)
 そして、サビ前のリーダーのジャンプはいつも以上に気合入ってた。
 ふたりともほんといい笑顔で、楽しそうに唄ってる♪
 最後に厚治の「ありがとーっ!」が聴けて、幸せっ。
 悠仁も「3」ポーズ。厚治ももちろん「3」ポーズ。やっぱりいいわっ!

♪夕立ち
 私の中で、初日から一番化けた曲。
 ギターをガシガシ弾き、想いをぶつけるように唄う悠仁。
 確かめるようにギターを鳴らし、じっくり唄い上げる厚治。
 まさに動と静。
 でも、その凸凹な動きでも、唄に対する想いはひとつ。
 凸凹がうま~くかみ合う。
 内に秘めた強さをもった1曲。まだまだライブで聴きたいな。

♪しんしん
 5月末までこの曲聴くのかぁ、と初めの頃は思ってたけど(すいません・・・)、
 結局最後まで泣かされたよ。
 自分の気持ちもあるんだろうけど、いつも以上にひとつひとつかみ締めて唄ってた。
 厚治のハモリが、時々よく聴こえないことがあるんだけど、今日はよく聴こえた。
 ふたつの声が、さらに昇華して会場を包んでいく。すごいね・・・。

♪青
 前2曲の良さを引きずってるけど、それでもいかなくちゃ!
 最初の悠仁ソロが、胸にずっしりくる。
 腕をグルングルン回す北川さんの横で、
 ギターをガシッと鳴らして右腕を高々と上げる厚治。
 これ見せられちゃあ、行くしかないでしょ(笑)
 そんなわけで、記憶が曖昧です(汗)
 「ララララ~」が、いつもより長かった。
 でも、行かなくちゃ!(しつこいっ・笑)
 だって、満面の笑みを浮かべる厚治さんがスクリーンに大写しなんですもん。
 この曲、大好きだっ!

♪嗚呼、青春の日々
 客電がついて、会場がひとつになる。
 もうね、泣きすぎだし、腕挙げすぎだし、喉は痛いし・・・。
 でも、心はものすごく満たされる。
 建ちゃんが、悠仁の頭をなでてたのは、この曲だっけかね?

♪夏色
 今日もお決まりの、曲ふり。
 最後の悠仁の「夏色っ」ていう言い方が、ちょいと乙女風で可愛かったな。
 建ちゃんの扇子は、表「リボンツアーの思い出は」裏「プライスレス」でした。
 某クレジットカードのCMのパクリですね(笑)
 でも、まさにそのとーり!そうじゃなきゃ、こんなに参加しませんからね・・・。
 本日のスタド紹介、悠仁は「ファイナル北川」さんに変身。
 そこで、「ファイナルさーん」と呼んでる厚治さんがカメラに抜かれてた(笑)
 かわええ~っす。
 さらに、厚治は昼田さんとホイッスルコラボ☆
 ホイッスル吹く前の、「いっひっひ」って顔がたまりません。メロメロっす。
 ホイッスル吹いてるプクプクほっぺの顔がね、これまた可愛いんだよね。
 なんでもいいんだろ、という突っ込みはなしで(笑)
 スタドのみんなも最終日仕様で最高っす!
 まずは、ドラムの佐野さん。
 昨日のようにドラム叩かず立ち上がり、踊るのかと思いきや、静止。
 座ってまたいつもの激しいドラミング。かっちょえー。
 ベースの沖山さん。
 佐野さんが何をやろうとも、自分のペースに巻き戻す。
 ある意味、かなりの大物(笑)
 厚治くんと仲良し~な感じがうらやましい(そこかよ!)
 ギターの建ちゃん。
 ついに出たっ!頭の後ろでギターかき鳴らしちゃったよ。
 ロックだねぇ。
 そして、おまっとさん(笑)キーボードのケン坊。
 すごいよ~、8千人の前でライブ中にバナナ食べてるよ、この人(笑)
 ライブを盛り上げようとしてるのが前面に出て、ほんと楽しいなぁ。
 サックスの昼田さん。
 悩ましげ~な色っぽい音を鳴り響かせますな。
 髪を短く切って、いい感じ。
 最後は、キーボードのバンマス伊藤さん。
 いると安心。相方とはおかあさんと呼んでます(笑)
 厚ちゃんと建ちゃんが、キーボードに寄りかかって聴いてて、すんごく可愛かった。
 そして、最終日仕様な夏色♪
 「ソレ、ソレ、ソレ、ソレ」で、浴衣を着たスタッフ登場(笑)
 スタッフも巻き込んでのステージ、最高です!
 真ん中は舞台監督の笹さんっ♪もーみんな楽しんじゃえ。
 しかも、最後に悠仁のタンバリン締めも、みんなマネっこ(笑)ぬかりなし・・・。
 最後に、いつものバズーカより数倍大きなバズーカ登場。
 どれだけたくさん銀テープが飛んでくるのか、と思いきや、パスーんって、ちっさ!
 びみょーなテープの量(笑)
 これには、みんな大爆笑。
 悠仁はあわあわと後ろに下がるし、厚治は正座に近い状態でステージに座り込んでた。
 この厚治さんが、すこぶる可愛かった。
 もう一度ってことで、いつものバズーカが登場。
 でも、またしても不発(笑)テープすら出てこない。
 そりゃね、今日はこっちには仕込んでなかったんじゃ・・・。
 で、リーダーはまたしても後ろに倒れる。
 厚治は、ゴメンっ!ゴメンっ!と平謝り。
 で、もう1回!夏色サービス♪
 さがってしまった浴衣ダンサーズも、ちゃんともう一度登場してたね。
 ゆずらしいおちで、おかしくて楽しくて、ほんとおなかいっぱいの夏色でした。

♪超特急
 1番サビは上からのおいで、おいで。
 2番サビは、下から来いっ!来い!
 やべっ。厚治に食われる(笑)
 この超特急一度たりとも、まともにフルでスクリーン観れてたことないや(笑)
 そして、花道へ超ゴキゲンくんで向かう厚治。
 「カモンっ!ファイナルっ!」で、マイクをクルっ☆
 これ以上ないよっていう笑顔で、ニッコニコ。
 「もう帰れない」の前で悠仁を指差す顔も、ピッカピカの厚治スマイル。
 「最終日、バンザーイ!」「ゆず、バンザーイ!」「ゆずっこ、バンザーイ!」と
 ある意味、ひとり万歳三唱(笑)
 ほんとに楽しくて仕方がないんだね~、厚治くん。
 それを観てるこっちも、楽しくて嬉しくて、どうしてくれるのさ!

♪女神
 悠仁は、強い優しさを持った人だと思う。
 「女の人にはかなわないなぁ」って毎回悠仁が言うけど、
 悠仁の優しさにはほんとかなわないなぁって思ってる。
 女神は、そういうリーダーの優しさがあふれてる曲。
 生きてることの素晴らしさを知ってるからこそ、悠仁だからこその1曲。
 その悠仁の声に重なる厚治の美しくもあたたかいギターの音と声。
 ほんと、ゆずにはかなわないや。

♪リアル
 出だしのギターソロの厚治が、やっぱりかっこいい!
 腕を挙げてポーズもキメっ。
 利き腕にリボンは、ほんとに最終日まで黙殺でした(笑)
 で、昨日はいつもより抑え目だった北川さん。
 今日は、2番でとうとう厚治にがっしりハグッ!
 ピッカピカの笑顔で厚治に近づいていったもんね。
 よかった!悠仁。よくやった!リーダー。
 そして、厚治さんは照れながらも、ニヤリっとすんごく嬉しそう。
 そのふたりの笑顔見てたら、もー嬉しくて嬉しくて。
 チューしてしまえ!ぐらいの気持ちでした(笑)
 ふたりとも、ほんとにいい笑顔。こっちも笑顔。
 いつまでもこの空間にいたいなぁ、と思ってしまった。
 
♪もうすぐ30才
 南ちゃん登場で、悠次に向かってなぜか「タッちゃん!」と発言。
 悠次もすかさず「タッちゃんじゃないけど、がんばろっ」と切り返し。
 最終日スペシャルなのか?
 そういや初日に、似てるけどまさか南の声じゃないよー!と言ってたっけね(笑)
 初日は、エンドロールなかったもんね。
 「店員さんがかわいくて」で、厚治さんカメラに抜かれる。
 しれっとバンジョーを弾いてます。
 が、カメラに気がつき、にやっ。やめれ・・・。
 そして、Bar。
 ムーディな音楽に乗せて、いつものようにバラ一輪を取り出す悠次。
 バラをSaxの昼田さんの胸ポケットに挿し、Barへ。
 サブステージ付近が、ものすごくきゃーきゃー言ってるなぁと思ってたら、
 本日のバーテンダーで南海キャンディーズの山ちゃんとお客さんのしずちゃんが登場(笑)
 もしかして、スライドのようなヅラを被った厚治?と思ったけど、
 ちゃんと本物厚治はステージにて一服中でした。
 考えてみれば、このツアーで、南海キャンディーズを観るのは2回目(笑)
 すごいや・・・。
 さらに最終日仕様で、悠次に出されたカクテル「ゆずトニック」は、
 しっかり本物アルコール。
 あわわ、悠次一気飲み・・・。
 あんまりお酒強くないし、この後また唄って走り回るのに大丈夫かなと心配になる。
 しかも、「一気!一気!」と煽るアホなお客がいて悲しくなるよ・・・。
 悠次のカラオケは、いつもと同じイントロだったから『ところで』だと思ってたら、
 『雨と泪』でした。うわっ!かっこええ~。
 で、しずちゃんがお決まりの台詞「へ・た・く・そ」。
 が、ここで終わらず「うそ、めっちゃよかった~!」と悠次に抱きつく。
 お客さん悲鳴!
 でも、一番焦ってたのは、山ちゃん(笑)
 本気で、しずちゃんを悠次から引き離そうとしてた。
 しずちゃんも負けてはいません。本気本気。
 「1万人の客を敵に回しても離せへん」と頑張ります。
 抱きつかれた悠次さんはというと、
 山ちゃん曰く「ライオンに狙われたバンビのような目をしていた」らしい。
 抱きつかれたのも、横浜に続き2度目じゃあ・・・。
 山ちゃんがようやく引き離し、悠次の「南海キャンディーズのおふたりでした!」の紹介。
 南キャンお決まりの「バーンっ!」のポーズで、Barはおしまい・・・。
 一方、岩沢運転手。
 椅子に座って、雑誌を読んだり、珈琲を飲んだり、くつろぎすぎっ(笑)
 悠次のこと指差して、笑いすぎ。
 特に、しずちゃんに抱きつかれたあたり、爆笑しすぎだよ・・・。
 本日もタバコはなし。
 そういや、始まる前に禁煙ですって放送されてたよね?
 おっさんだけやん、思いっきりステージ上で吸ってんの(笑)
 最後は、カメラに向かって南キャンポーズもちっさくやってた。くー、かわいい。
 間奏の出だしは、なぜか椅子に座ったまま弾きだす始末(笑)
 およよ・・・おっさん早く立っとくれ。
 そして、もうすぐん十才コーナー。
 まずは、もうすぐ10才。
 ビバ最終日☆スクリーンにふたりの子どもの時の写真が登場。
 うへっ、かわいい~っ。
 んっ?どこかで見たことあるなこの写真、と思ったら、
 ゆず誌1巻のふたりの年表で使われてたお写真でした。
 で、ふたりもびっくり。知らなかったんだね・・・。
 続く、もうすぐ20才。
 ピースの2本指。いつも、カメラに向かってガチョン(古っ・笑)のように
 指を引いたりして遊んでいる厚治さん。
 本日は、最後にメって二本指をカメラに向かって指したよ・・・。
 そして最後の、もうすぐん十才。
 警備のおじさんにカメラが向かっていく。
 そして、振り向くと警備のおじさんではなく社長でしたっ!
 やっぱり、好きなんだよね~♪
 絶対、最終日にどこかしらに現れるもんね。
 ノリノリで、楽しそーな稲葉社長でした。
 それをみて爆笑してるゆとずも可愛い。まぁ、お決まりってことで。
 「もうすぐ30才」のサビ大サビで、またまた悠仁大暴走。
 悠仁側の花道から客席に降りちゃった・・・。
 で、警備中の社長と腕組んで、スキップスキップ(笑)
 しかし、厚治サイドには降りてこないのね・・・ぶーぶーっ。
 最後は、わりかし低音ボイスで「お客さーん」と、声をかける運転手さん。
 ここでふたりがうんうんって頷いてる姿、どうも「あるある探検隊」みたいなんだけど(笑)
 「あるあるさん、呼ばなぁ!」なんつって。
 で、今日はハンドルをグルングルン回すポーズをしながら、悠次とお話する厚治さん。
 車をバックさせるようなしぐさに萌えたのは、私だけじゃないはず・・・。
 そんな訳で、最終日「ハワイっ!いや、明日に向かって走ってください」で、締め。
 そんなにハワイに行きたいのか、悠次・・・(笑)
 ステージが暗転しても、運転している真似っこの厚治のシルエットが、 
 かなり愛しいっす(アホ・笑)

♯リボンしりとり
 やったー!と、相方とガッツポーズ。
 通常公演最終日の長野で見たお宝映像たち☆
 また見れるとは、なんとも幸せ。
 詳しくは、長野公演の感想を。
 最高に嬉しいのは、やっぱりちりめん問屋の厚治くんでしょ。

*** つづく ***
[PR]



by pikapika_14fg | 2006-06-03 21:42 | ゆず♪Live

好きなことをつらつらと
by pikapika_14fg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧