僕の気持ちの奥の方「心の音」が切なく響いた

リボンツアーのグッズだったリボンマグネット。
売り上げの一部をセーブ・ザ・チルドレンに寄付しますってことでしたよね。
その団体の会報「world's children No.37」にゆずのふたりからのメッセージが掲載されてます。
4ページ目(3 Greetingsのところ)です。
悠仁と厚ちゃん、ふたりそれぞれのメッセージが掲載されてます。
悠仁は、わりといろんなところでこういう活動をしてきるから、強い気持ちが伝わってくるし、とても納得できるものがありますね。
そして、厚治さんからのメッセージ。
こういう活動の時にあんまりいわさわこうじ個人の考えを言う機会がなかったと思うんだけど・・・。これで、納得。
わりと北川さんが表に立っちゃうところが多くて、いろいろ言われてるけど、実はちゃんとゆずとして納得しての活動なんだと思うんだよね。
それは音楽を通してだけど、強い想いが彼の中にあって、かなりグッときた。
以下抜粋。



 「音楽」は時として無力です。
 けれど時として誰かの命を救うかもしれないくらいの威力を発揮します。
 そんな奇跡みたいなことが世界で起こり続ければ何かがきっと変わる。
 僕はそんな事を何となく思って今でも唄っています。




「何となく思って」というあたりが厚治さんらしいや、と思いつつ(笑)

右のとこにリンクしてある、クリック募金 _ クリックで救える命がある。からもセーブ・ザ・チルドレンのサイトには行けますよん。
興味がある方はどうぞ。
[PR]



by pikapika_14fg | 2006-07-02 20:24 | ゆず

好きなことをつらつらと
by pikapika_14fg
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧