どうして人は想いが溢れ出るの

レミオくん滑走路ライブの前日に東京入り。
ひっさびさのGolden Circle♪
なんてたって、vol.05以来なので、約3年ぶり(笑)
でも、行ってよかった~。
あのアーティストさんたちのパワー、すごかったもん。

 ◆呼人さんの日記Long good-bye GC09
 ◆呼人さんのマネージャータカオリさんの日記
  ジャーマネ日記 GOLDEN CIRCLE Vol.09 @ 品川ステラボール:当日




会場に着くころ、お友だちからメール。
何でも、会場に椅子があるらしい・・・。
へっ!?スタンディング覚悟してきたのに(笑)
が、会場入りするといいお席はほぼ埋まっていたので、一番後ろのお席で観ることに。
まだ開演まで時間があったので、先ほどメールをくださったTさんと会う。
リボン最終日の名古屋以来・・・(笑)
連絡ありがとう!またお会いしましょう♪>私信

いよいよ開演♪
まずは、呼人さん登場。
山梨以来ですね(笑)やっぱりお兄さん、素敵だわ。

♪スーパースター
 今制作中のアルバムの中の1曲。
 曲調が明らかに好みです。

♪大人
 いろんな方と共演やらレコーディングやらさせてもらって、すごく刺激を受けるようで。
 プロデューサーをしているゆずくんのアルバム『リボン』の中の『もうすぐ30歳』がものすごく好きで、その曲へのもうすぐ40歳になる呼人さんなりのアンサーソングらしい(笑)
 おぉ、ふたりのことよく誉めてるけど、ほんとなんだね。
 なんか嬉しくなって、聴きました。
 
ここで、森山直太朗くん登場。
まずは、呼人さんが直太朗が出るようになったいきさつをお話。
呼人さんの番組に出た直太朗が友部さんのファンで、呼人さんによく一緒にライブやれてますよね~ってところから、メールアドレスを交換。
連絡はなかったようです(笑)

♪夜曲
 直太朗のリクエストで、呼人さんと。
 直太朗、声きれーっ!そして、歌うまっ!(今さらで、すいません・汗)
 聴きなれた矢野真紀ちゃんや呼人さんの『夜曲』とはまた違った感じになっていた。
 でも、かなりの鳥肌もので、圧巻でした。
 やっぱり名曲は、すばらしいのだ!

呼人さんが退場して、直太朗のみ。
何をしゃべるかと思ったら、今回のライブは、どうやら友部さんと一緒にできればそれでよい!ということらしい(笑)
このライブ、主催は呼人さんですけど?
直太朗、天然キャラなのか、しゃべりがおもしろすぎる(笑)

♪愛のテーゼ
 直太朗パワーにやられます。
 完全に自分の世界の中に歌があるね。
 でも、それがちゃんと聴いてる人に伝わってる。
 
♪坂の途中の病院
 この人、ほんと詩人なんだな~。
 歌詞がたくさんあるからだけど、話すように歌うというか、歌うように話すというか・・・。
 
♪愛し君へ
 何やら、一度歌おうとするも、チューニングが気に入らなかったご様子。
 すると、タイミングを失ってしまい、「さっきので持ってかれちゃったなぁ・・・」などとつぶやく。
 いい曲だね~。
 直太朗、ちゃんと聴いてみようっと♪

直太朗くん、深々とお辞儀。しかも長い・・・(笑)
直太朗が退場して、YO-KINGと呼人さん登場。

♪その後の世界
 同い年だというお話。
 呼人さんからのリクエスト。
 「この曲を選ぶ呼人くんのセンスに完敗!」と、YO-KING。
 実は、生YO-KINGは初!だったんだけど、いいですね~。
 この人もウタウタイなんだなぁ。

呼人さん退場。

♪マイ・バック・ページ
 ボブディランのカバー曲。
 で、カバーしてた曲が、ボブディランの映画で使われてて、「あ!俺の声だー」とびっくりした。

♪ダムの底 
 
♪きれいな水
 1993年に尿管結石になったお話(笑)
 ここから水を飲まなきゃ!っていうことになってできた曲って言ってたけど、ほんと(笑)?
 

呼人さんと直太朗くん登場。

♪Hey!みんな元気かい
 3人でなぜか芸名の話。
 初めて知ったよ、YO-KINGの由来を。
 直太朗さんの呼び方にはトーンがあるようで(笑)
 呼人さんは、そのままの名前がいいっ!
 このへんから、MCがまったくかみ合わない感じに・・・(笑)
 歌は、ほんと楽しい~っ。
 これって、Kinki Kid'sが歌ってた?
 
3人退場。
呼人さん登場。
友部さんをビートルズに例えて紹介。
友部正人さん登場。

♪はじめボクはひとりだった
 呼人さんからのリクエスト。
 毎回リクエストが違うんだよねーと、友部さん。
 すごいっ!
 ただひたすら圧倒される。
 歌声、ギター、ハープ・・・どれをとっても友部さんでしかない。
 一番感動したのは、ハープの音。
 厚治くん以外のハープで初めてドキドキしたもん(笑)
 すご~く、いい音がする。
 年齢と共に重ねてきた音が聴こえる感じがするんだもん。
 それだけで、泣きそうだったのは内緒。

♪おしゃべりなカラス
 今日の出演者は、20代後半1人、30代後半が2人、そして、50代がボク。
 なので、歌だけは負けないようにと若い時につくった曲を。

♪朝は詩人
 これは、40代でつくった曲。
 この曲が終わって、「今、客席で歌ってた?」とたずねる友部さん。
 しかしびみょーな反応の会場。
 なんだ???

友部さんのことが大好きだという直太朗くん登場。

♪壊れてしまった1日
 どうやら、さきほどの曲を舞台袖で歌っていたらしいなおたろうくん(笑)
 君か、歌声の犯人は!
 なおたろう、ほんとおもしろい。
 でも、歌い出すと、いいんだなぁ。
 友部さんの歌が大好きだというだけあって、歌に溶け込んでる。

YO-KINGと呼人さん登場

♪Speak Japanese, American
 すごくたのし~っ!
 4人とも、歌が大好きってのが伝わってくる。
 トークはあんなにかみ合わなかったのに、歌いだしたらそんなこと微塵も感じさせないだもん。

♪ライク・ア・ローリングストーン
 これもボブディランのカバーで、友部さんが訳詞をつけた曲。
 4人のパワーにひたすら身を任せ、耳を傾けてました。
 ウタウタイが4人集まって、会場を飲み込むようなパワーを見せつけられた気がします。
 いやぁ、すごい!のひとこと。
 
***アンコール

グッズのTシャツで4人登場。
呼人さん・友部さんは黄色。
YO-KINGとなおたろうは緑。
それぞれチームみたいだねって笑ってた。

♪一本道
 友部さんが22歳の時から歌い続けている曲。
 これを一緒に演奏できるってすごいことだよね!って曲フリ。
 これは、厚治さんも大好きな1曲だ(そこかよ・・・笑)
 名曲は、年月を経ても色褪せないんだなぁ、と思った。
 こうして歌い続けていけるって、素晴らしい。
 
♪僕は君を探しに来たんだ
 これ、聴いたことあるぞ?と思ったら、以前のGCで町田くんと歌ってた?
 こちらもいい曲だなぁ。
 力強さと優しさと、聴いててすごく心地よかった。
 
今日のライブは、椅子に座って聴いてたけど、すごく心の奥がじんと熱くなるものがありました。
初めて生で聴く歌、歌声、ギターの音、ハープの音・・・。
それぞれが重なって、気持ちよく満たされた想いにさせてくれた。
次のGCも来たくなっちゃった(笑)

***** Yohito Teraoka Presents Golden Circle vol09
      2006.08.11 品川ステラボール 
[PR]



by pikapika_14fg | 2006-08-16 21:38 | yohito

好きなことをつらつらと
by pikapika_14fg
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧