彼方から三日月の明かりに照らされた道@新潟

新潟へ行きたいと思ってはいたものの、じつはチケを持ってなかった。
だって、平日ですよ・・・。仕事ですよ・・・。
休めるかどうかびみょーだったしね。
でも、仙台公演が1公演しかなくなってしまったので(言い訳か・・・笑)、これは行くしかないだろう!と。
チケを譲ってくださる方もいて、久々の産業振興センターとなりました。
この会場、ゆずくんのスミレツアー以来だ(笑)



会場に入るなり・・・暑いよ・・・。
明らかに暖房入れすぎじゃない???ってくらい。
そして、会場入り口に貼ってあるポスターはわかる。
でも、トイレの中までは貼りすぎじゃ・・・(笑)
さすがに個室には無かったけど(当たり前・笑)、ちょいと恥ずかしかったよ。

今日のお席は、亮太くん側1列目!
とはいえ、かなりの端っこ。
皆川さんは完全に見えません(ごめんよー皆ちん)。
でも、3人はしっかり見える位置。
しかも、さすが1列目。近いっ・・・。

♪永遠と一瞬
この歌い出しの亮太くんの声に、ものすごくドキドキ。
あったかくて、優しくて・・・。
この声に包まれた空間にいれる幸せを一瞬で感じさせてくれた。

♪五月雨
はじめから飛ばしすぎた(笑)
やっぱりサビでは、ジャンプ!ジャンプ!
せっかくライブに来たんだもん、この音を楽しまなくっちゃ。
前田先生の雄叫びは、今日も聴けずに残念。
マイク前には、いたのになぁ・・・。

♪モラトリアム
前奏がなった瞬間に、壊れる。
やっぱり、この流れは楽しい。
おさちゃんの力強いドラムも、ノリノリな啓介くんのベースも、ガシガシなギタープレイの亮太くんも、全部同じ視界の中で堪能させていただきました。
間奏で亮太くんがこっちにきて、ますますテンションあがる・・・。
ニコっとしてくれたのは、完全に気のせい、気のせい・・・(アホ)

♪1-2 Love Foever
そんなテンションのまま、キラキラなレミオの世界へ。
そうそう、おさちゃんのマイクの角度とちょうど正面だった!
歌うかわいいお顔を、いつもは見れない角度から楽しませていただきました。
久々に出ました「僕らはひとつ~♪」
間違いなく、会場はレミオの音楽でひとつに繋がって笑顔がいっぱいだったよね。

♪蒼の世界
亮太くん、いい笑顔で歌ってた~。
サビへ抜けていく爽快感がたまらない。

♯MC
すでに上着を脱ぐ、亮太さん。
そして、シャツをゴソゴソとパンツの中に入れてます。
おーい、そこはステージ上ですけど(笑)
気持ちも盛り上がってしまって、シャツも出てしまったのね・・・。
どこ見てんだ、私・・・(笑)

外は寒いけど、この会場は熱いと!
きっと「熱い」っていう意味もあったと思うけど、正直には「暑い」だったんじゃないかな。
そして、このツアー5回目だけど、1番熱い!って。
こっそり、今日は6回目ですよーと突っ込んでおいた(笑)
前「風邪ひくから、外に出る時は汗をよく拭いてね。
 ほんとは全員のこと拭いてあげたいけど・・・」
治「男の人もいるけど」
前「大丈夫です!男の人は・・・・・(ピーっ)・・・」
と、はじめっから前田節全開でした(笑)
びみょーな空気を感じた前田先生「では、ここは亮太くんに・・・」と振るも「では、ここは神宮司さんに」と最終的におさちゃんに振るブラック藤巻(笑)
やっぱり、最後の落としどころは治くんなんだね。

そして、昨日新潟入りしたレミオくん。
何を食べたのかと思えば、「ふぐ」だという亮太さん(笑)
「すごいでしょ」と自慢気なのが可愛かったけど、新潟の特産じゃないし・・・。
そして、客席から「ヨーグルト食べた?」と聞かれる。
優しい治さんは、「何?あー、楽屋にあった、あった」と答えてました。
ちなみに、レミオロメンツアーブログにもUPされてたヤスダヨーグルトのお話。
これは、おいしーね。
亮太くんが楽屋で食べたのは、「鮭とイクラの瓶詰め」。
「「お土産に買って帰ります。でもこれ、すごいプリン体!」だって。
こっそり前ちゃん「それで、こんな体になりました」って言ってた(笑)
さらに客席から「イタリアンは?」の声。
亮太くんがなんとなくわかっていて、説明するも客席の反応がイマイチ!
次回の新潟では、イタリアンに挑戦するらしいです。

そして、お得意の「クラゲのお話」(笑)
新潟2度目で、2回とも聞いてるよ、その話。
初地方の新潟。
9月上旬だったけど、海に入っちゃった3人。
チクチクするなー、こりゃやばいと思って、おさちゃんと啓介くんはすぐにあがったけど、そのままスイスイと沖へ泳いで行ってしまった亮太さん。
クラゲがイカそうめんのように絡み付いてきて、すごく大変だったらしい。
沖にあがったところで、地元おじさんが水道のところにあった白い粉をペロっとなめて「これ重曹だから、つけとけば治るから」と。
何物かわからないものをなめるおじさんにびっくりしたって。
そりゃそうだ(笑)
この時前田先生、「重曹」じゃなくて「ホウ酸」って言い間違って、亮太さんに「それはゴキブリ退治に使うやつ」ってダメだし。
これ以外に、新潟の想い出はないのかい?レミオくん(笑)

♪傘クラゲ
亮太くんの声って、色が表現できると思う。
透明で深い青。
裏声も気持ちよく伸びてたし、音の海にプカリと浮かんでる気分だった。

♪電話
バスドラムの音が鳴った瞬間、やっぱりズキュンと心が痛くなる。
3人の鳴らす楽器の音がちゃんと聴こえるのが嬉しい。

♪ビールとプリン
電話からのこの流れ、いいよね。
日常の一部を切り抜いた、リアルな世界。
キュンとして、くすぐったくて、大事な気持ちがいっぱい詰まってる。
この曲をセットリストに選んでくれて、ほんと嬉しい。

♪シフト
亮太くんの「盛り上がって行くぜー!」で、始まる。
3人のセッションの音がほんとかっこいい!
自分の中のテンション、あがりすぎた・・・。

♪プログラム
前曲から引き続き、3人の音がたまらない。
『シフト』でも『プログラム』でも前ちゃんがノリノリなのは、いつものことだけど、この日は亮太さんがすごかった!
髪振り乱しすぎーっ。
最後には、完全に前髪が鬼太郎を通り越し、某国際弁護士湯浅さんのようだった(笑)
かっこいいんだけど、おかしかった(失礼・・・・笑)
でも、好きなんだって・・・。

♪MONSTER
心の中にあるフツフツとした、混沌とした世界。
サビに抜けていく、音のグルーブ感が好き。
最後には必ず光を見せてくれるのが、レミオらしいよなぁ。
CDより、ライブで聴く音が数倍好きだ。

♪太陽の下
やっぱり大好きで、今の自分には大事なこの曲。
亮太くんの優しい声で包まれちゃうと、心の奥に隠している大切な気持ちに気付かされちゃうんだな・・・きっと。
レミオの音楽と向き合ってるんだけど、自分とも向き合える曲になってるなぁ。

♯MC
ここで、皆川さんを紹介。
いきなり「こしひかり~っ」と叫ぶ啓介くん。
確かに、頭の形がね・・・(笑)
亮太くんが「皆川さんは笑って許してくれるとこがいいよね」と。
サポートにはいってもらって、もうすぐ2年になるね、ってとこで、「そろそろ飽きてきたよね」って言い出す前田先生(笑)
またしてもすごい愛情表現!
そして、フォローに入る治くん。
「みんなで計算機占いやったら、僕と皆川さんが一番相性がよかった!」ってすごい嬉しそう(笑)
何を競っているのやら・・・。
そしたら、亮太さんとんでもないことを・・・。「夜の相性」ってあなた・・・。
さらに、前田先生暴走するし・・・。
ままま、3人とも皆川さんのこと大好きなのは、よ~く知ってますから(笑)
亮「前から後ろまで楽しんでる?」
イェーイ!と盛り上がる☆
前「俺盛り上がってるよ」と、なぜか亮太くんのほうに向かって話し出す(笑)
亮太さんも「なんで俺に言うの?」と、困惑気味。
前「だって、伝えたかったから」だと。
治くんは、「集中してるよー。すごい集中してる」というなんともびみょーなお答え(笑)
亮「ツアーもだんだん馴染んできたよ。いいねぇ、札幌!」
オイオイ、そりゃないだろ・・・。
会場から大ブーイング。
で、おさちゃんがフォローしようと
「札幌ぐらい寒いっていうね・・・」までは、よかった。
が、その後に「楽しんでるよね、仙台!」って、あんたたちー!
もちろん、会場は更なる大ブーイング。
治くんはドラム叩いてごまかそうとするし、亮太くんに至ってはステージの上に座り込んでた(笑)
ひどいぞぉ、レミオ~。
啓介くんなんてフォローのしようもなく「まさか2段で攻めてくるとは・・・」と、唖然としてた。
そろそろ本業の音楽で・・・と行こうとするも、
「楽しんでいってくりゃさい・・・」って、噛みまくる亮太さん(笑)
いつもにも増して、おかしすぎるって。

♪明日に架かる橋
笑いすぎたし、3人もテンションおかしいし、とことん楽しかった。
今日も、夢見てOK!のOK!を会場に歌わせる亮太さん。
「新潟ぁ~!!」と、今度は間違わずに叫んで、会場も大盛り上がり~♪
CDではあんまり聴かないんだけど(失礼・・・)、ライブだとめさめさ楽しいよね、この曲。
生音ってすごいや。

♪雨上がり
さっきまでの、ダメダメMCも吹き飛ばす勢い(笑)
この曲聴かないとね、ライブに来た気がしないっていう。
そして目の前まできたよー、前田くん。
ベースを弾いてる啓介くんは、ほんとかっこいい!
そして、亮太くん!
すごくノッてたら、こっちを向いてウンウンって頷いてくれた気がする。
もうこれだけで、しばらく生きていける(大げさ・・・笑)
お席に感謝!

♪南風
おさちゃん、ほんと可愛いっ!
スティックをフリフリ~、フリフリ~。
本業のドラムは大丈夫か!?ってくらい、たくさん振ってくれた。
隣の席のお兄さん、ちゃんと楽しめてるのかなぁってくらい、ライブを観てる感じじゃなかったんだけど、この曲になったら、一緒に手を振ってたよ。
よかった~と、変なとこで安心。
それくらい、この曲の持つ幸せ感はすごいね。

♪粉雪
今日も前奏がなった瞬間の会場の反応はすごかった。
でも、正直なところ手拍子は勘弁してほしい・・・。
亮太くんも絶好調で、滔々と歌い上げてた。
音に押しつぶされそうなくらいだった。
曲もレミオも大きくなったなぁって、しみじししながら聴いてた。

♪アイランド
そして、続くこの曲もやっぱりすごい。
ほんと動けなくなる。
呼吸するのも瞬きするのも忘れるくらい、引き込まれる。

曲が終わって、深々と礼をする亮太くん。
顔を上げた瞬間、ふらふらっとしたような気がした。
それだけ、全部の力を注いでるんだよね・・・。
その想い、ちゃんと受け止めたよ。

◆アンコール
本日も、治くんだけツアーグッズのボーダーT着用で登場。
今日も亮太くんは、あのTシャツだ。
あれ?衣装なのかな?
間近であの腕が見れて、かなりウヒウヒ(おかしい・笑)
それで、ニコっとされちゃうとね・・・。

♯MC
とってもダルンダルン(笑)
そういや、新潟は初地方だったし、解散ライブも新潟でやる!って啓介くんが言ってたのは、ここだっけ?

♪3月9日
亮太くんが歌いだしたら、『粉雪』に負けないくらいの歓声があがったなぁ。
会場中が、レミオの音に満たされる。
気持ち良さそうに演奏する3人が、ほんと幸せそうで、嬉しくなる。

♪流星
この歌詞、このメロディ。
この情景を表現できるのは、レミオの音しかない。
その想いが間違ってないなーと、実感できる。
音に身を委ねられる幸せを感じる。

♯MC
亮太くん。
 「曲を書いていると自分はこうだな。ああだなと決め付けてみるけど、違ったり。
 自分探しの旅だなぁと思う。
 そして、こういう気持ちを持っていられる限り曲を書き続けます。」
こうやって自分の気持ちをみんなにぶつけてくれるの、ちょっと嬉しい。

♪紙ふぶき
このMC聞いてから聴く、この『紙ふぶき』はなんともいえない気持ちになる。
迷ってる気持ちも、歌に向かうまっすぐな気持ちも、いろいろ乗り越えて、音として浄化されていく。
演奏してる3人観ながら、どこまでも伸びてく音が気持ちよかった。

♪スタンドバイミー
いよいよ最後。
セットリスト知ってると、この瞬間がイヤなんだよ・・・。
あー終わっちゃう!って、ちょっぴり悲しい気持ちになるんだよね。
でも、最後がこの曲でよかった。
疾走感がたまらなく好きだし、なんといっても笑顔になれる。
3人とも気持ち良さそうに演奏してたなぁ♪
そういや、特攻の花火は上がらなかったよね?
本気で驚く3人の顔見たかったのに(ひどい・笑)

4人で礼してた時に、啓介くんがおさちゃんに何やら耳打ち。
ステージの下に降りろよ!みたいな仕草をしてだんだけど、何だったんだろ?
そして、本日も治ショーの始まり~。
遠くで見ても可愛いが、近くて見るとさらに可愛い。
この笑顔はほんとやばいわ~。
でも、おさちゃん。なぜにこっち側では何も投げてくれないのだ・・・。
と言ってみたいだけだから(笑)
ニッコニコで、帰っていったよ。

やっぱり、ライブはいい。
CDでは伝わらないものが、ライブではたくさん味わえる。
『HORIZON』では、ほんとキラキラなアレンジで、時々3人の音を探しちゃうこともある。
でも、ライブでは3人の音+皆川さんが出せる音のみだから。
これでもか!ってくらい、音がちゃんと聴こえてくるもんね。
これが聴きたいんだよ。
そして、新潟ほんときてよかったなぁ、って思えたライブだった。
お席の良さにもものすごく助けられたけど、たくさん楽しめた。
このツアーは新潟で見納め。
そして、きっと今年最後のレミオライブ。
しっかり目に心に焼き付けた。
この大好きな空間、また来年までしばらくお預けなのが悲しい・・・。

そうそう、帰り際にお隣の席の方とちょっとお話したの。
どうやらレミオライブがはじめてだったらしいんだけど、すごく楽しかったみたい。
よかった~。
ノリがよくわからなかったので、真似してましたって言われてしまった(汗)
いやいや、好きに楽しんでくださいよ~。
そして、etherツアーグッズのリストバンドをしてたら、かわいいって褒められたよ。
どうせならフローティングペンとか見せてあげたくなったよ(笑)

***** レミオロメンTOUR2006 “ISLAND OVER THE HORIZON”
      2006.11.29 新潟市産業振興センター 1列目
[PR]



by pikapika_14fg | 2006-12-05 23:58 | レミオロメン♪Live

好きなことをつらつらと
by pikapika_14fg
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧