全てが永久に美しいワンダフルワールド@横浜1日目

なぜか落ち着く横浜アリーナ。
お友だちとも逢って、ウダウダと。
落ち着きすぎて、会場入りギリギリでした(苦笑)

そして、本日のお席はアリーナ。
ステージからは遠いけど、全体が見渡せるし、視界をさえぎる人もなく、とってもいい感じでしたよん。



♪行こっか
ふたりのギターではじまるこの曲。
やっぱり好きだわ。
厚治さんは、今日も絶好調なご様子。

♪眼差し
悠仁が叫び、厚治のハープが鳴り響く。
そして、分厚いバンドの音。
飛びすぎて、すでに汗だくですわい。
えぇ、仁ちゃん並(笑)

♪君宛のメロディー
はぁ、なんでしょうね。
今日はアリーナ席で、新潟の時より明らかに遠いのに、自分に向かって唄われているあの感じ(テレ)
厚治さんの伸びる声、ハモル悠仁の優しい声。
もうこのまま真空パックにしてお持ち帰りしたい気持ちで一杯でした。
さらには、あの唄い終わった後にふと優しい笑顔を見せて、上を向くしぐさに、かなりキュン。
いわさーさんにやられっぱなしです。(いつものことという突っ込みはなしで・笑)

悠「今日は世間的には、聖火リレーなのに、来てくれてありがとう。
みんなの心に聖火が灯るように唄いますので、最後まで楽しんでいってください」

♪もうすぐ30才
会場のざわつきが新鮮(笑)
バンジョーを弾く厚治さんの手元が映るたびに、ときめく私はおかしいのか・・・。
あの合成写真は、やっぱりびみょーだな(苦笑)

♪センチメンタル


♪呼吸
今日の厚治さん。高音絶好調。低音もうひと声。
なんて贅沢なこと言ってるんだ・・・とはわかってるんだけど、新潟が凄かっただけにやっぱり期待しちゃうんだよね。
でも、あの逞しい声は健在。
横浜の大きな会場中の空気が止まっていた。

そんな空気をぶちやぶるMC(笑)
悠「そういえば、岩沢さん同窓会やったでしょ?」
なぜか不満気(笑)
厚「あぁ、やりましたよ。大晦日に仲間と飲んでて、その中の一人が熱く盛り上がってね。mixi的なツールをすべて使ってね」
悠「mixi的なものはよくわかんないですけど」
厚「俺もだけど・・・」
悠「で、チキティーン♪はなかったの?」
厚「は?」
悠「だから・・・『まま♪』みたいな」
厚(爆笑)
どうやら北川さん、東京ラブストーリーのことを言いたかったようです。
最後のいい場面に入る前の音が、チキティーン♪
塾長の『ラブストーリーは突然に』ですね(笑)
そしてサビ最後・・・♪(あの日のふたりの)まま、だね。
そこだけ塾長のマネをしておりました(笑)
怒られるぞ。
厚「そんなことないっすよ」
悠「だって、岩沢さんところは共学じゃないっすか」
厚「でたーっ、共学コンプレックス(笑)」
悠「僕のところはどう頑張ってもヤローばっかりだもん」
厚(笑いすぎ)
そうして、仁ちゃんの淡い中学校時代の恋のお話。
悠「僕、太ってたんですよ」と、手を広げどすどすと走るマネ。
それを真似する厚治(笑)
悠「でも、好きな子ができて頑張って告白して、うまくいったんですよ」
中学校の時って、付き合うってなってもそのあとどうしていいかわからなくなって、気まずくなったりしません?」
となぜか会場に同意を求める。
会場からチラホラと手があがると、「そうだよね。よし、お兄さん一緒に呑みに行こう!」と誘ってた(笑)
で、結局は、21歳の時に厚ちゃんと一緒に行った同級会で「あの時はごめんね」って謝ったというお話でした。
おちは、やはりないようで・・・(笑)

♪黄昏散歩
あのMCのあとで、よく唄えるな(笑)
ちゃんと厚治さんの詩の世界へ。
「あぁ~」の裏声が好き。

♪モンテ
「ぼくの わたしの モンテコーナー」ってコーナーになってました。
で、本日は、鶴見区にある「北川理容所」。
映った瞬間、若干戸惑い気味のきたがーさん。
同じ名前だからね。
でも、あなたリハで知ってたでしょ?(笑)
ちゃんと髪を切り終わると、帰りに100円をくれたというエピソードに、
「キャッシュバック!」「キャッシュバック!」と、ふたりではしゃいでた。
悠「そういえば、モンテも何かくれたよね?」
厚「あぁ、飴です。ペ○ちゃんの飴」
あっさり、すっきり終了(笑)
そして、モンテカツラを被った厚治さんのマジメ風な顔(笑)
でもカメラ目線は忘れずに。

♪明日天気になぁれ
今日の出だしは、すっきり!
じーけんと修ちゃんのツインギターが、素敵です。
後の映像も、夕暮れから青空へちゃんと変わっていくんだね。


♪春風
前奏の昼田さんのSaxがムーディ。
1番サビ前までを悠仁がひとりで唄っています。
最後は壮大。
大好きな曲だけに、なんか違うと思ってしまう。


♪WONDERFULWORLD


あー、お召し変え。
今日もあの色だ(苦笑)
でも、よくよく見ると、厚治さんのシャツにボタンがついてた!
新潟ではなかったよね?ちょっとだけお洒落?

♪凸凹
今日は、サビでスクリーンに仁ちゃんがアップ。
踊れとばかりに踊ってます(笑)
でも、アップすぎて、イマイチわかりにくいかも(苦笑)


♪人間狂詩曲
ダメだー。好きだー。
ご機嫌厚治さんが、たまりません。
あまりにもニコニコの笑顔で、つられるって。

♪うまく言えない
PV映像の両脇スクリーンにうつるふたりの顔。
目をつぶり、ただひたすら曲に向かう姿勢が、ぐっとくる。

♪リアル
どうも今回のツアー、悠さまのソロが多いな・・・(毒)
しかも、悠さまアレンジ入りすぎじゃないのか・・・(毒)
この曲好きなんだけどね。。。

♪夏色
来たきた。
そうそう、修ちゃんとアイコンタクトして遊んでます♪
でも、今日の1回目のしぐさをみて、悠仁が「何?なに?」って言ってた(笑)

♪陽はまた昇る
間奏で、修ちゃんや昼田さんと絡む悠仁。
一方厚治さんは、ステージサイドへ行くも、林くんもじーけんもするー。
たまには絡んであげなよ・・・なんつって(笑)
そして、今日の「へいっ!」もまだまだと煽る悠仁。
だから、長いって(笑)

こどもふたりが出てくる砂漠の映像。
やっぱり青いボールを砂の中へうめています。

♪つぶやき
ふたりの掛け合い、そして重なるふたりの声がたまらないです。
さっきまで『夏色』唄ってはじけてた二人組とは思えません。
最後に響くギターとハープの音。
せつなくて、たまらないです。

水をあげる音。
MOSHY HILL登場。

♪ワンダフルワールド
ステージは薄暗く、ふたりにだけ光があたっています。
1番終わりで、ステージ全体が明るくなり、森が現れます。
あれ?新潟よりコンパクト。
もっとステージ一面が緑チックだったのにな。
曲は、圧倒的にすごいです。
2番もギター持って唄っていいのにな、悠仁。
じゃないと間奏で、指揮しそうな勢いだもん。

アンコール待ちは、今日もワンダフルワールド。
で、気がつくとワンダフルガイズがステージに。

EN
♪おでかけサンバ
あれーっ、衣装が変わった?と思ったら、袖がスッキリしてるんだ!
もっと、マントみたいだったよね?
きっと動きにくかったんだよね・・・。
きたがーさんは被り物がお似合いです。
一方のいわさーさん・・・(笑)
何度観ても、出来損ないの森の王子様(愛ゆえよ)
本日のコール&レスポンス。
男前ボイスたまらんですな。
悠厚「よこはま」
悠「さくらぎ」で、厚ちゃんとまる(笑)
ちょっと間があって「ちょう」。あぁ「桜木町」!
まさかそこで止めるとは思ってなかったご様子。
引き続き、駅名シリーズですね。
悠「いせざき」厚「ちょうじゃまち」
悠「ひので」厚「ちょう」
悠「ひので」厚「しょくどう」これオチ(笑)?
いちいちピースが可愛いなぁ、悠仁。

♪少年
今日の発見は、ワンダフルガールズの紹介の時に、厚治さんも一緒に踊ってたこと。
いやぁ、可愛いこと。
このおっさん、見えないところでも何かやってるから、やっぱり目が離せません(笑)
そして、いちいち反応しておくってくれるカメラ目線。あざーっす。

♪ストーリー
どうやら、2番の「あせらなくても」は手の形が「ア」らしい・・・。
ほほん、どうでもいいや(笑)
だって、楽しいんだもん。
明日もちょっと頑張っていくぞ!って思えるんだもん。

最後のごあいさつ。
厚「楽しかったです。ありがとー」
悠「ありがとうございました。
皆さんの心に聖火は灯ったでしょうか?」
やっぱりここまで引っ張るんだ(笑)
悠仁が一生懸命話しているのに、タオルを腰にあてている厚治さんがおかしいです(笑)
いつもより低い位置での「礼。ありがとうございました!」
奈落に落ちるのではなく、階段を下りて去っていきます。
仁ちゃんの指は、やっぱり「1」でした(笑)

ようやくいろいろなことが見え始めました。
初日から改善されてることもたくさんあって、すっきり!
まだまだ変化していくんだろうな。
楽しみだな~。

***** アリーナC 3列  2008.04.26 横浜アリーナ
[PR]



by pikapika_14fg | 2008-04-27 23:07 | ゆず♪Live

好きなことをつらつらと
by pikapika_14fg
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧