誰かを通して何かを通して想いは繋がっていくのでしょう

ap終わったら、夏休みが終わってしまったような感じです。
忘れないうちに、感想など書いておこう。



ゆずツアー終わったばかりでお金もないので、バスツアーで参戦。
ふつーのバスで、寝るのは辛いッす・・・。
お隣の席が空いていたのが、救いでした。
早く着きすぎるから・・・と途中のSAで2時間も休憩したり・・・。
おかげで、ゆっくり準備ができました。
d0067640_2040375.jpg

日差しがまぶしい。

会場到着。
うう・・・すでに暑い。
持ってきた日傘が役に立ちました。
駐車場から南ゲートまで、なが~い列でした。

d0067640_20412826.jpg

とりあえずは、ゲートを抜けて。
d0067640_2047723.jpg

リストバンドを付けて、またしても、てくてくと。
すでに汗びっしょりでした(苦笑)
先が思いやられる・・・

で、買うのを悩んでいたTシャツとタオルを購入。
だって汗かきすぎだもん。着替えがないと困るかも・・・ってことで。
ふつーに着られそうな白Tシャツを購入。
時間もあるし、pihaとkotiもぐるっとひと回りして、ライブエリアへ。

ほどほどの人だったので、ブロックのはじっこへ。
d0067640_204807.jpg

途中でゴミ袋をもらいました。
古いおコメでつくられた袋で、なんだかポン菓子のようなおいしい匂いがしたよ(笑)

★Caraban
名前は知ってたけど、ちゃんと聴いたことなかった。
暑い夏空の下、とっても爽やかな歌声。
すごく気持ちよかった。

★Bank Band
桜井さんの笑顔みたら、思わずこっちまでニコーッ。
そして、始まる『よく来たね』。
すごく幸せな気分になれました。

★GAKU-MC
毎年毎年ライブ映像みてると、ほんと楽しそうなんだよねー。
一気にテンション上がりました。
あ!すごい暑かったんだっけと、忘れるくらいでした。
ステージを右へ左へかけまわる桜井さん、いい笑顔だなぁ。
ほんとにこの人は音楽が大好きなんだな。
そして、GAKUさんともいいコンビうだわ。

★BONNIE PINK
青空にぴったりだな~。
衣装も「地球の一部を感じられるように緑」だそうな。
とってもセクシーでした。

★一青窈
こちらも緑の衣装。
しっとり歌い上げるのかと思い込んでいたら、違ったよ・・・
タオル回しはじめた。
びっくりしつつも、一緒にブンブン回してみました。

★大橋卓弥(+常田真太郎)
うわーい。
王子、観たかったんだよね。
いい声だな~。
桜井さんと唄う『星になれたら』・・・最高でした!
そして、なぜか相方のしんたくんも登場。
アフロじゃなくなったのは知ってたけど、なんだかさわやか。
久しぶりで会話が噛みあわないと言ってもね・・・音はばっちり。
映像でしかみたことのない、スキマさんまで堪能できました。

ここで、しばし休憩。
d0067640_21173146.jpg

暑さにやられそうだったので、マンゴースムージーを。
冷たくておいしい。
ちゃんとカップは、リユースカップ。
そして、お昼ご飯のカレー。
d0067640_231146.jpg

しばらくすると、ライブエリアから『はるまついぶき』が聴こえてきました。
あぁ、向こうで聞きたかったなぁ・・・と思いつつも、まったりしてしまった。

★AI
いやぁ、しゃべるね~(笑)
自分でも、しゃべりすぎたら、言って!って。
いつもとは違うドレッシーな衣装で、とても素敵。
歌は抜群に上手でした。
新曲?の紹介が「トゥッ、トゥルトゥー」って頭の中グルグルするから!って(笑)
おもしろすぎ・・・。桜井さんにAIちゃんって呼ばれてるんだね・・・。

★ゆず
「次の方々もお祭りですね・・・ゆず!」という桜井さんの声で登場。
仁ちゃんの衣装が爽やかすぎ。
白ジャケにグレーのタンクトップ、そして白パンツに白のハイカットスニーカー。
しかし、出てきた時から汗かいてたね(笑)
厚治さんも、ツアーの衣装より素敵(あ、言っちゃった・笑)
茶系のラメがきいたシャツに、薄いグレー?のインナー。黒のジーパン。
でも、おとーさんアホの坂田のマネで出てくるのやめなさい(笑)
ツアー引きずってるのかなぁ・・・
そして、なんて似合うんだろう、このつま恋の空気が。
会場も歓迎ムードだったもんね。

まずは、『夏色』。
仁ちゃんのタンバリンは、いまだツアー仕様。お花がたくさんついてたよ。
初めまして!の会場ではおなじみの、夏色講座から(笑)
最初のヘイッ!では、納得できないリーダー。
「そんなもんか?」と。
桜井さんも笑ってたよ。
そして、曲が始まったら、盛り上がる~♪
桜井さんの唄う、夏色・・・じつは楽しみにしてました。
だって、桜井さんが唄うと、ちゃんと桜井さんの夏色になるんだもん。
すごい。
掛け声は「サブリーダー」「リーダー」。
ツアーで修ちゃんと目線を合わせるところでは、桜井さんとアイコンタクトする悠仁。
さすがはリーダーです。
さらに、「もう1回!」まで・・・・リーダー煽っちゃダメよ(笑)
そして、「apのバカヤロー!」って。アワアワ。
「桜井さんに小林さん・・・・」
すると大人なコバタケさんは、どうぞどうぞのポーズ。
リーダーにっこりして、「apだぞ!もう1回やらないわけないだろう!」っていい笑顔。
バンドの皆さんにお願いして、もう1回。
さすがリーダー・・・大物の皆さんをバックにやりやがった!

悠「できたばかりの夏の新曲を聴いてください」で始まった、YaT。
コバタケさんのピアノの音が、心地良いんだな、これが。
そして、厚ちゃん、ほんといい顔で唄うなぁ。
伸びていく声も、ほんと気持ちいい~。
爽やかな風のよう。
ツアーとは、また違った気持ちで聴けました。
泣いたけどね・・・(苦笑)

何やら、入念にチューニング。
すでに汗だくの北川さん。背中にピタリとジャケがはりついてる・・・。
そして、厚治さんもガシガシとタオルで顔を拭いてた。
バンドのみんなに「お願いします」と挨拶してるリーダーの声が、しっかり聞こえておりました。
あぁ、リーダーいい子だ(笑)

悠「みなさん、楽しんでますかぁ?次の曲で最後になります!」
会場からえーっ!の声。
悠「暑い中、たくさんのえーっ!ありがとうございました。
  この後も、すんばらしいミュージシャンの方々が出るので、最後まで楽しんでいってほしいと思います。
  apは、毎回声を掛けて頂いてたのになかなかタイミングが合わなくて、やっとでることができました。
  ありがとう。
  最後の曲は、まさにこのfesにぴったりの曲だと思うので、祈りと願いを込めて精一杯歌いたいと思います。
  短い時間でしたが、僕らの曲を聞いてくれてありがとうございました。
  ワンダフルワールド!」

そして、始まった「ワンダフルワールド」。
予想通りのセットリストでした。
apのコンセプトに合ってる、素敵な曲だもんね。
ツアーでは、2番からハンドマイクだったけど、今日は最初からギターなしの悠仁。
一音一音確かめるようにギターを鳴らす厚治。
桜井さんの唄う「世界よ今日も回れ回れ~」、ゆずの「愛を、夢を、命を、世界を、僕らの」の声が重なった時の、ゾクゾクする感じがたまらなかった。
アレンジが、ツアーと違ったからちょっと違和感があったけど、バンドの演奏が重厚ですごい。
音楽ってすごいなぁ・・・。
いろんな化学反応がおきる。
最後のシメの厚治のギターの音、ちょっとドキドキしちゃった。
すごくいい音だったな。

唄い終わって、客席にもバンドにもちゃんと礼をしていくふたり。
ほんといい子だ。
帰り際に、厚ちゃんはピックを投げて行き、仁ちゃんがジャケ脱ぐもんだから、会場のゆずっこから「きゃーっ!」って悲鳴があがってた(笑)

ASAKAさん、聞きたかったけど、ここで休憩。
ゆずさんたちが終わった瞬間に、暑い!って想い出して、どうにもこうにもいられなくなってしまったので。
写メわすれちゃったけど、りんごジュースをいただきました。
んまーい。
そして、聴こえてくる『名もなき詩』・・・あぁ、と思ったけど、遠くから聴くのもいいもんだ。

★レミオロメン
ステージにはおさドラがセットされていて、あぁ来るなーと(笑)
レミオさん、爽やかに登場。
みなちんだけじゃなく、くしくんもおりました。

亮太くんは、黄色Tの上に白ポロ?青いロングマフラー。
前田氏は、ピンクの太いボーダーポロ。しかもピンクが蛍光色??
おさちゃんは、ゼブラ柄ハーフパンツ。
なんだ、この人たちの衣装は・・・(笑)

1曲目は「南風」。
やばい、楽しすぎる・・・。
亮太さんのワンコなお目目が、もうたまらなくいとおしいです。

そして、続く「スタンドバイミー」。
夏空の下で聴くこの曲は最高です。

ちょっと意外だった「3月9日」。
私の周りにいた男子・・・歌いすぎ・・・みんな気持ち入っちゃって熱唱してた!
亮太さんの声、聞こえないっす。

「1-2 Love Forever」
うわっ、久しぶりだな。
あれ?なんだっけと曲名思い出せず・・・(苦笑)
でも、フェス向きよね。

「明日に架かる橋」
やっぱり、これもはずせないのか。
テンションあがりすぎて、楽しい~。

「オーケストラ」
亮「ここで1曲、新曲を届けたいと思います。
 今年は、ずっとツアーを回っていまして、音楽で繋がることの素晴らしさを知る体験ができました。
 その中で生まれた新しいサマー・ソングです。」
レミオらしい、ポップでさわやなか1曲。
早く歌詞をちゃんと観たいなぁ。

「もっと遠くへ」
亮「次の曲は、もうすぐ行われる北京オリンピックのテーマ曲として書きました。
  歌詞を書くのに凄く苦労しました。
  頑張っている人を応援するのは難しいなあと噛み締めながら、自分の弱さを見詰めるきっかけとなりました。」
ただただ音の波に身を委ねるしかなかった。
サビがほんとうに圧巻です。

新曲2曲とも聴けるとは思わず、かなり嬉しかった~。
どちらもドラムとベースがかっこいい!
そして、亮太さんの歌も安心して聴ける(失礼・愛ゆえですよ・・・)
ツアー終わってできた曲たちが、彼らの成長っぷりをちゃんと証明してくれてました。

★Mr.Children
もう圧巻!
さすがミスチル!
パワーに満ち溢れ、どんどん引き込まれていく。
会場みんなで歌う「ラララ」。
「フェイク」では、飛び跳ねすぎた。
そして、新曲オンパレード。
「聴いてほしい曲がたくさんある!」という桜井さんの言葉どおり、素敵な曲たち。
音楽で繋がれるって、こういうことだなと実感できた素敵な時間でした。

途中まで、悠仁があの帽子を被って、マイボトルで飲み物を飲みながら、聴いてました。
厚治さんは見つけられず・・・タバコ中?麦芽中?

★to U
ゆずくんも亮太くんも登場。
悠仁は、紫Tにあの帽子、ハーフパンツ。
厚ちゃんは、緑Tに黒ジーパン。
亮太くんは、ピンクT(治かっ!)。
動きがおかしい、ふたり組。
特に右の人・・・ふら~っふら~っと(笑)
顔も赤い気がするよ・・・。
悠仁はちゃんと歌いきったのに、厚治さん声出てないし・・・(苦笑)
キーが低いのか、飲みすぎたのか(笑)
すかさず、悠仁が厚治さんの腰に手を回し、声を重ねてました。
あちぃあちぃ(笑)
ふじまっきーもちゃんと歌うパートがあってよかった!
優しい声だなぁ。
その後、みんなで肩を組んで歌ったんだけど、あきらかに小さいおっさんひとり(笑)
卓ちゃん大きいのね・・・。
そして、マイクもどうしてよいのかわからない状態でぶらんぶらん。
ギターを持たずにステージに立つ厚治さんなんて、なかなか観れないからね。
やはり落ち着かないんだろうね。
誰か、おっさんにギターを渡してあげて!
すごく大好きな曲なのに、ふたりがおかしすぎて・・・楽しすぎた。

桜井さんが、ミスチルメンバーと前田氏と治くんも呼び込み。

写真撮影でも、フラリフラリするふたり組。
2列目の真ん中をキープ。
カメラマンは、平間さん。
平間さんに2列目立って!と言われて、立とうとしたら、客席からブーイング。
それを「まー、まー」とおさめる厚治さんが、かわいい。
ふふふ。

退場後、バスに乗るまでに腹ごしらえ。
どうやら暑さにやられなかったようです(笑)
d0067640_2303345.jpg

日本そばをいただきました。
さっぱり、んまい。

暑さが相当辛い時間もあったけど、終わってみればやっぱり素敵なライブでした。
音楽ってすごい力がある。
大好きな音楽で、これだけの人が集まれるって、すばらしい。

さぁ、あとはこれから自分には何ができるのか、ちょっとでも考えよう。

***** B-1ブロック
     2008.07.19 ap bank FES 08 つま恋
[PR]



by pikapika_14fg | 2008-07-21 23:13 | 音楽

好きなことをつらつらと
by pikapika_14fg
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧