新しい歌きっと生まれてくるから@中野最終日

ただいまっ。
そういや世の中、帰省ラッシュでございました。
東京駅の混雑っぷりはいつもの比じゃなかった・・・。
ホームで中継しようとしていた某テレビ局・・・邪魔だよ・・・
で、帰ってきたら、地元のお天気が大荒れでびっくりした。
吹雪・・・さむっ。

昨日のライブの様子が各スポーツ紙にも出ておりました。
デイリーのタイトルに笑ってしまった。
確かにそういったけどさ。
スポーツ報知
スポニチ
デイリースポーツ
サンスポ(写真付)

そんなわけで、最終日の感想などを。
思い出したら、また追記します。



いよいよALRIGHT最終日。
ほんとは仙台で終わりだったはず・・・(苦笑)
運良くチケットを譲ってくださる方がいて、来ちゃいました(笑)
でも、来てほんとによかった!って思えるライブでした。
んー、もっちゃん恐るべし。

会場にはいると、やっぱりホールはいい。
適度な段差もあって、観やすい感じ。
クリスマスも過ぎたので、SEも変更。
おしゃれな洋楽が流れておりました。(洋楽知らないので、ご勘弁を)

で、本日の秦くんは、くすんだピンクのTシャツ、その下に5分のグレーシャツを重ね着。
下は濃いグレー?のパンツ。
髪はもっさりちょっぴり伸びたな・・・(笑)

・キミ、メグル、ボク
出だしの低音にドキっ。
掠れ具合がまたドキっ。
これで、もう完全に秦ワールドへ

・シンクロ
前奏でテンション上がります。
でも、あー、声が疲れてるなぁ。
高音のピッチがちょっぴり低い・・・。
途中で「サンプラーっ!」って叫んだんだけど、最初「サッポローっ!」って聞こえた(笑)
んなわけないのにね・・・

MC
「今日で最後です。
終わりたくないっ!」(この言い方が可愛い)
「終わりじゃない・・・これがみんなの中に素敵な記憶をつくりだしていくんです」

・Baby,I miss you
やっぱり、ちょっぴり大人な曲が似合うな~。
Jazzyな感じで、歌い方もアレンジされれて、気持ちいいなぁ。

・Honey Trap
「さえぎるものは~」の出だしにドキっとするよね・・・。
そんないい声だされちゃ・・・ね。

MC
今年1年は、アルバムをつくることが目標だった。
そして、ツアーが楽しみだった。
馬の先にニンジンぶらさげて・・・で、馬で(自分をさして)、ツアーがニンジンで・・・(間にあったマイクを)あ、これマイクで(笑)
もう、レコーディングいいんじゃないかと。
ふとんから出たくない(苦笑)それくらい、ツアーが楽しみだったというお話(笑)
そのアルバムから聴いてください。

・ファソラシドレミ
ことば遊びにがとっても楽しい。
曲のリズムに委ねてるととても気持ちいな、この曲。

・夜が明ける
前奏で、あれ?何の曲だっけ?って思ったら、ギターをガシっと鳴らしてくれました。
男前な秦くんを堪能できます。
間奏のハープは、今日もごそごそとポケットから登場。
音はやっぱり素敵です。

・虹が消えた日
今年1年は、これで始まりました、と歌い始め。
ステージには秦くんがいて、バンドのメンバーがいるんだけど、ちゃんと風景がみえてくるからほんと不思議です。
仕事で弱ってる時にこれ・・・相当やばいです。

ここでバンドメンバーが退場して、椅子が登場。
は「僕は、椅子に座ります。皆もよければ座ってくださいねー」
椅子に座って、お話を・・・
昨日の公演に先輩が来てくれました!と嬉しそう。
誰かと思えば、山さん。
会場でも行き違って逢えず・・・電話をしたら、留守電だったので、メッセージを。
すると、すっかり寝てしまったところへ山さんから留守電が。
「きーえてしまーったにじのー」と硝子と鋼で出来た声を真似したメッセージが録音されていたらしい(笑)
いつもマネしてくれるけど、あんなにしゃがれてません!と言い切った(笑)
でも、なんだか嬉しそうだったな。

・休日
とっても優しくて、あったかい声。
寄り添ってくれる感じがたまらない。
ライトの緑も綺麗。
間奏は今日も口笛。
ちょっぴりアレンジも変わってた。

・青
一転、がっしり力強い声。
このあたりから、もう声の心配はなくなってきた。

バンドメンバー合流
・赤が沈む
バンドの音も加わり、音が重厚に。
そして、秦くんの歌声もかっこよさを増すんだなぁ。
間奏のハープも男前な音がして、とっても好き。

・夕暮れのたもと
「ワン、ツー、スリー、フォー」ではじまる。
最初の秦くんのアコギと山本さんのエレキの音がずれていて、ちょっとハラハラ。
歌いだしたらあんまり気にならなかったけど・・・
これも一気に夕暮れの風景がみえてくる。
とっても優しく温かい歌。

「いつまで座ってるんですか?」と秦くんに怒られる・・・
「いや、僕が座れって言ったけどね・・・」(オイオイ・笑)
「元気ですかー?」 (会場)イェーイ!
「盛り上がっていきますかー?」 (会場)イェーイ!
「ALRIGHTですかー?」(会場)イェーイ!
「いやいや、そこはALRIGHTで」
そんなわけでやり直し(笑)
「元気ですかー?」(会場)イェーイ!
「盛り上がって行きますかー?」(会場)イェーイ!
「ALRIGHTですかー?」(会場)ALRIGHT!
「準備ですかー?」
あれ?あれ?って思っていたら、
「今のALRIGHTでグッときて、間違った!」くぅ、なんてキミは可愛いんだ。
そんなわけで、またまたやり直ししました(笑)

・花咲きポプラ
この曲大好き!
秦くんも笑顔全開。
楽しくて、可愛くて、テンションあがります。

・バイバイじゃあね
これもライブ向き。
サビの声の伸びがたまりません。
前半の声の心配はどこへやら。。。

・最悪の日々
本日もエレキ秦ぼう。
やっぱり、エレキちっさいよね?(毎回こればかりですんません)
でも、弾き始めちゃえばそれはそれはかっこよし!
歌詞にあるような最悪なことは嫌だけど、ほんと盛り上がる~。

・鱗
「何百回と歌ってきた歌。その時その時の心情とともに成長してきた歌です。
聴いてください。」
と、はじまったけど、キーボードから聴こえてきたのは、あれれ?
どうやら、機械の不具合のようでしたが・・・会場からは若干ブーイング(それはしちゃいけないと思うけど)
優しい秦くんは「今日はまた新しい鱗が生まれます!」ってフォロー。
そして、今度はいつもの前奏が鳴って、ホッ。
今日の鱗は、とってもキャッチーな感じがした。
そんな鱗もありかな。

・フォーエバーソング
やっぱりこの曲、好きだな。
出だしの低音も、サビの高音も。
前向きな歌詞も。とっても心地良い。
この音の波のなかでいつまでも泳いでいたいなぁ・・・そんな思いにさせてくれる。

・新しい歌
アルバムを最初に聴いた時から、どうにも涙腺を刺激するこの曲。
秦くんの想いがヒシヒシと伝わってくる。
痛いところもあるんだけど、ちゃんと前を向いていく、とっても強い歌。
最後は、会場みんなで「ラ~ラララ~」を大合唱。
一体感があって、とてもしっくりしたな。
秦くんも気持ち良さそうに最後歌ってたしね。

曲が終わって、礼。
いつもはあっさり帰っていくのに、今日は何度も何度も礼をしてた。
すっごく名残惜しそうなハタぼうでした。

EN
今日の秦くんは、青Tで登場。
手に紙をもっていて、何だか落ち着きない感じ(笑)
で、お知らせ。
まずは、3/6武道館。
次に、武道館の前に2月の高知。
そして、5/4からの弾き語りツアーGREEN MINDをやります!
会場からはものすごい歓声あがったな~。
次がちゃんとあるって嬉しいもんね。
しかも、秦くんの真髄でもある弾き語りだもんね。

・僕らをつなぐもの
「今の季節にぴったりな曲、聴いてください」
とっても大好きなこの曲。
今日もじんわり、しみてきた。
涙腺もかなり緩みました。
はぁ・・・

ここで、バンドのメンバーを呼び込み。
ドラムの坂田さん、グレーT。
秦くんとハイタッチ。
は「オーガニックで、着やすいですよ。500円高いけど・・・(笑)」
ベースの鹿島さんもグレーT。
秦くんとハイタッチするも、ちょい空振り(苦笑)
キーボードの隆二さんもグレーT。
いつものようにふかぶかと礼。
なんだ、今日はみんなグレーなんだーと思っていたのに、ギターの山本さんは、秦くんと同じ青T(笑)
テレビ的に、そこはグレーじゃないのか!?と思ったのは、内緒(笑)

「アルバムをつくって、そこで終わりじゃなくて、こうやって同じ空気の中で、一緒に曲を共有することができて、はじめて歌が完成するんだと思います。ありがとうございます」
こんな話をしたのは、どこのMCだったかな・・・。
そして、歌う前に深いため息をつく秦くん。
「もう終わっちゃうんだー」とひと言ポツリ・・・。
会場から「もっとやればー!」の声がすると、「ははは」と苦笑い。

・青い蝶
出だしの歌声で、ノックアウトです。
完敗です。
高音の裏声にひょっと、心をくすぐられる感覚があるんだよね・・・不思議。

・朝が来る前に(Band ver.)
「デビュー前からあった曲で、デビューのきっかけにもなった曲。
今の秦基博のフィルターを通して、出すことができるんじゃないかと思ってます」
初のバンド版の朝が来る前に。
弾き語りより、気持ちが浄化される感じがする。。。
前を向いて行かなくちゃと思わせてくれる。
弾き語りって、やっぱりとてもパーソナルな部分が大きいから、バンドだとそれを越えて、もっと広い世界を見せてくれるような気がします。
どっちも好きだな~
いい曲だと、どうアレンジされても、良さは動じないもんだ。

終わって深々と礼。
バンド皆と手を繋いで、礼。
何度も深く礼をしてました。
メンバーが下がっても、なんとなく残ってたいオーラが見える秦くん。
「ありがとー」
会場のあちこちにニコニコと手をふって、礼をしてかえって行きました。

初日の新潟より格段にバンドとの一体感も増してるし、会場ともちゃんと同じ空間を楽しめてる感じがヒシヒシと伝わってきました。
秦くんの歌を通して伝えたいことも、会場がちゃんと受け止めようとしている。
その感じがとてもグッとくるものがありました。
バンドの音もすごくよくて、濃厚な音のなかで、いい音楽を聴かせてもらいました。
とっても楽しいツアーでした。
もうちょっと秦くんのライブに行きたいなぁと思っている自分がいて、ちょっと怖い・・・(苦笑)
さ、次は武道館。あの空間をどうハタ色に染めてくれるのか、楽しみだな。

***** HATA MOTOHIRO TOUR 2008 -ALRIGHT-
      2008.12.27 中野サンプラザホール
1階22列
[PR]



by pikapika_14fg | 2008-12-28 19:02 | Hataぼう♪Live

好きなことをつらつらと
by pikapika_14fg
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧